8月より森雅裕の 小説『雙』(津田越前守助廣物語)の連載が始まりました。
春明法眼(鐔・縁)展示中です。
【人間国宝を展示中です】
宮入昭平 短刀傘笠正峯作之

【営業時間のお知らせ】
休業日:毎週火、水曜日
営業時間:午前10時~午後5時30分
電話:03-3980-1461

お客様におかれましては、咳や発熱等の症状、体調が思わしくない場合はご来店をお控えいただけますようお願い申し上げます。
感染拡大防止対策の為、お茶出しは控えさせていただきます。

ようこそ、刀剣杉田へ

刀剣杉田は平成10年創業以来、東京都池袋の地から、毎年、数百振り、
すべてを合わせますと五千振りを超える刀剣を国内外の皆様にお渡ししてまいりました。
これなら欲しい、この価格なら欲しいと思える刀剣を、信用のおける鑑定書を付けて、
今でも、そしてこれからも、真心をもって皆様に提供してまいります。

更新情報

2024年04月23日
刀剣杉田情報5月度更新
2024年03月22日
刀剣杉田情報4月度更新
2024年02月20日
刀剣杉田情報3月度更新
2024年01月23日
刀剣杉田情報2月度更新
2023年12月21日
刀剣杉田情報1月度更新
2023年12月04日
連載小説 第十六回「雙」掲載
2023年11月21日
刀剣杉田情報12月度更新

お知らせ

2024年05月07日
連載小説 第二十一回「雙」掲載
2024年04月23日
特別保存刀装具 目貫 政義 入荷しました
2024年04月08日
連載小説 第二十回「雙」掲載
2024年04月01日
藤原是一精鍛 文久二年八月日 (第49回重要刀剣) 入荷しました
2024年03月11日
石堂運寿是一精鍛作之 文久元年八月日 (第17回重要刀剣) 入荷しました
2024年03月04日
連載小説 第十九回「雙」掲載
2024年02月06日
連載小説 第十八回「雙」掲載

刀剣杉田HP掲載の画像、文章は当店の著作物です。
著作権法により、当店の明示、許可なく転載・加工は出来ません。

今月の逸品

48803
No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
62 粟田口近江守忠綱(摂津)延宝五丁巳十二月十三日二ツ胴切落 (五畿)(一竿子忠綱) 江戸前期 68.5 1.2 0.74 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥3,800,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い口深めに沸よくつく。足、葉よく働き、頻りに金筋、砂流しかかる。匂い口明るく見事に冴える。浅井万太夫。一竿子と号す。良業物。黒呂塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

詳細を見る

おすすめ品

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
42 伯耆國藤原吉幸 慶應三年正月日 (伯耆)(山陰道) 江戸末期 70.2 1.3 0.81 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥580,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ち心にみっしりとよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ、淡く沸映り立つ。刃紋は中直刃浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁ほつれ僅かに小足、葉働く。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。本名は清水藤四郎。初銘、吉行。曙峰軒と号す。出雲藩工。黒石目塗鞘打刀拵付き。(特別保存刀剣)

詳細を見る

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
37 無銘(伝兼春) (美濃)(東山道) 室町後期 69.6 2.3 0.72 保存刀剣 標準品 白鞘 ¥280,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ、淡く白気映り立つ。刃紋は互の目乱れ、尖り刃交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。小足、葉働き、金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。三阿弥派。天文頃。(保存刀剣)

詳細を見る

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
36 為○○氏 清和(福島) 昭和十七年八月吉日 昭和十七年 68 2 0.69 当店の保証 優品 外装 ¥280,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉盛んに働き、金筋、砂流しよくかかる。匂い口明るく冴える。本名は塚本清和。新作日本刀展特賞、推薦章。塚本起正の兄。黒呂塗鞘打刀拵入り。

詳細を見る

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
27 脇差 伯耆守平朝臣正幸 文化十一年戌八月八十二歳造(薩摩)(西海道) 江戸後期 43.9 0.9 0.79 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥1,050,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く沸映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖りごころの刃交じる。匂い深くよく沸づく。湯走りかかり沸足、葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり匂い口明るく冴える。本名は伊知地次右衛門。仲蔵。平覚。二代薩州正良の子。三代目正良を襲名しのち伯耆守を受領し正幸と改める。奥元平とならび薩摩新々刀の双璧です。朱塗鞘肥後脇差拵付き。(特別保存刀剣)

詳細を見る

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
22 脇差 道辰(会津) 宝永八年二月日 (陸奥)(東山道) 江戸中期 47.8 1.4 0.76 特別保存刀剣 優品 白鞘 外装 ¥350,000

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く沸映り立つ。刃紋は広直刃、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉働き、刃縁に金筋、砂流しかかる。匂い口明るく冴える。本名は中条太郎吉。初銘長広のち道辰に改銘。三善長道門。のち三代伊賀守金道門人となり若狭守を受領。黒石目塗鞘脇差拵付き。(特別保存刀剣)

詳細を見る

No. 種別 時代 長さ 反り 重ね 鑑定書 付属 価格
21 脇差 兼元(美濃)(東山道) 安土桃山 44.9 1.6 0.62 保存刀剣 標準品 白鞘 ¥180,000

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ淡く白気映り立つ。刃紋は湾れに尖り互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走りかかり僅かに足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。美濃赤坂住。室町末期の兼元です。(保存刀剣)

詳細を見る

店舗外観

お気軽にご来店ください。

刀剣杉田は、東京の池袋から歩いて数分の距離にあります。一度、ご来店いただき、美しい刀剣に実際に触れてみませんか。非常に安価な一振りから、国指定の重要美術品に至るまで、六百振を超える刀剣が、皆様のおいでを今日もお待ちしています。

住所: 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-49-5
TEL: 03-3980-1461
FAX: 03-3980-1463
営業時間: 10:00〜18:00
お昼休み: 11:45~12:30
定休日: 毎週水曜日・第三火曜日